施工前

土地の内側を掘り、地盤が軟弱な場合は

焼き杭を打ち込みます。

(耐震施工)

専用の打ち込機で打ち込んでいきます。

後はランマー(転圧機)で押し固めて

地盤を安定させます。

鉄筋やメッシュを組んだ所に

セメントを流し込みます。

数日後セメントも固まり、基礎石の施工です。

基礎石(地覆石)据付後、天バ磨き面を

グラインダーを用いて接着面を粗して行きます。

加工後、この作業で接合部の

接着力が上がります。

(四隅には、ステンレスL字型金具を取り付けます。)

(耐震施工)

地覆石の上に割石を据付け、ステンレスで固定します。

(割石施工は、敷地内の水抜きに効果有です。)

割石据付後、延石を据付けて生きます。

こちらも四隅にL字型金具を取付けます。

(耐震施工)

次に、納骨室の据付けです。

据付け完了写真です。

備長炭を敷き詰め、換気口を2ヶ所取付け

湿気対策を強化します。

備長炭の上には、キレイな砂を敷き

納骨室の出来上がりです。

石碑台の据付ですが接合部には、

叩き加工を用いて接着力を上げています。

(耐震施工)

しっかりと固定します。

軸石、花筒等もしっかりと固定します。

換気口外側には、ステンレスカバーが

取付けています。

大磯バラスを敷き詰めて完了です。